PalmTX を、再設定中

発端は、PalmTreoPro のセンターボタンを上にあげてもクリック音もしないし、カーソルが上に上がらないという事象が起きたせいです。
とりあえずは、使えるけど、きになるので、PalmTX のメイン復活かなとも思ってるのですが、

久しぶりの書き込みです

palmTX の方が使い勝手いいけど、いま、持ち歩きのメインは、TreoPro。
原因は、TreoPro は、キーボード入力で、片手で入力できる点。
palmTX は、タッチパネルが、反応がおかしい。

SplashMoney が、TreoPro で、日本語が使えたら、ケースバイケースで、両方平行して使えるのだけど。

palm ソフトって、まだ作られてるのかしら。

日本語が扱えるpalmTXを基本に置き、日本語が扱えないPalmTreoProを補助で置く

問題となっているのは、
SplashMoney と SplashIDのふたつ。
PalmTX(以下TX)もPalmTreoPro(以下TreoPro)も元々英語端末でした。
TXは、Japonで、日本語対応にしました。
TreoPro も、一応先輩達の意見を参考にAsucal Lets Japan No.6とAtokで日本語対応にしました。

ところが、TXは、母艦と同期を取っても、TX側で日本語が扱えています。
TreoProは、端末側で、日本語を入力すると、入力行為はできるのです。入ったかに見えます。たぶん入っているのでしょう。ところが、表示しようとすると日本語が化けるのです。たぶん、推測ですが、TreoProやSplashMoney by TreoPro 等は、漢字の処理をしていないんでしょう。昔、言われていた'\'の扱いです。漢字コードには、このコードがいっぱい入っています。このコードのところで、漢字扱いされないんでしょう。

しかし、日本のアプリは、漢字表示していますから、やはり、SplashMoneyやSplashIDの側の問題でしょう。


TX側で、件のソフトで長年データを打ち込んでデータ管理をしてきています。膨大なデータがあります。Palm系のTreoにしたら良かったのかな。
TreoPro が、魅力ある端末に見えたんですよ。で、勢いで買ってしまいました。
とりあえず、この2件のソフト以外は、魅力は失われていません。

TX側で、データの一括変換に取りかかっていますが、漢字を英語に置き換えちゃうと、かなり不便になります。

SplashIDやSplashMoney とデータ互換がとりやすい別のアプリがあればいいんでしようけど。

問題です。

palmの存在の大きさを感じている所です

wmユーザーの方々には、悪いのですが、palmの方が使い勝手がいいです。
しかし、諸般の事情から、電話機つきの方が、持ち込みやすい場所があります。ということもありますが、せっかく買った端末です。どこまで、使えるか調べてみます。

とりあえず、pim機能部分は、母艦経由で、wmの方へ移るようになりました。
しかし、それ以外のデータベース部分が全然移りません。

splashmoney,splashID,bonsai.....

palmと母艦の間は、データは行き来するのです。しかし、母艦内で、palmのデータが貯まる場所と、wmのデータが貯まる場所が違うのですね。dosコマンドで、palmデータエリアのデータをwmデータエリアへコピーするでしょ。すると、データは、wmの方へ移るように見えるのですが。wmのアプリケーションがこのデータを認識してくれない。

たぶん、先輩達もこの問題を認識しているのでしょうが。

とりあえず、SplashMoney と SplashIDのデータを、palmTX から palmTreoPro へコピーして、それぞれのwm版アプリに認識させたいのです。

TreoProは、palmブランドだけど、製造メーカーはpalmじゃないんでしょ。同じpalmブランドだけどなぁ。